「量より質」か「質より量」か

test

よく、「量より質をやれ」と言う話があります。僕も高校生の時にサッカーをやっていたのですが、「1つ1つの動作を大事にやりなさい」と監督から言われていました。もちろんそれはスーパーウルトラ大事な事だと思うのです。しかし、1つだけ僕が他のサッカー部員と違うところがあったのです。


それは、僕が「高校からサッカーを始めた」という事でしたw


僕が中学生の時、Jリーグが始まり、急にサッカー人気が上がりました。そして、地元の球団、「清水エスパルス」が発足したんですね。最初は真田選手が正ゴールキーパーでしたが、その後加入した「シジマール」選手のプレーに目を奪われていったのです。


中学生3年の時、昼休みにクラスのみんなでサッカーをやってました。そこで、僕はゴールキーパーをよくやっていたんですね。で、クラスのみんなに「お前、ゴールキーパーうまいな」なんて言われてその気になってしまい(笑)、高校からサッカーをやる事に決めたのです(同級生で高校からサッカー始めた人、何人かいました。みんなJリーグを見て、その気になったのでしょうw)


で、高校からサッカーを始めた僕は、入って1週間で後悔しました(笑)。そりゃそうです。ボール、蹴れないんですもん。


中学生の時にクラスのサッカーで使っていたボールは、バレーボールでした(各クラスに1つづつ割り当てがあったんです)。そのボールと、サッカーで使う公式球とは、ボールの固さ、重さ、跳ね方、すべてが違いました。全くパス、トラップができません。周りからも「おいおい、それでよくサッカー部入ろうと思ったな」みたいな視線を痛いほど感じました(笑)


「やべぇ・・・これやばいよ・・・」と心底思いました。


その後、ゴールキーパー志望という事で、キーパー練習に参加しても同じです。ボール、キャッチできないんですよ。


ボール蹴れない、ボールキャッチできない。中学生の時、陸上部で長距離をやっていたので、無駄に体力はあったのですが、ゴールキーパーに体力があっても活かしきれない(ちなみにチームの中で長距離はトップクラスでしたw)


そんな僕が、「1つ1つ大事に」と言われても、ピンときませんでした。なぜなら、「そもそも1つ1つ大事にするレベルの情報が自分の中に無い」からです。


その当時の僕はどうしたかというと、部活が終わった後、1人残ってボールを蹴ってました。1人でボールを触ってました。とにかくやみくもでもいいから、ボールに触る時間を長く取っていたんです。もちろん、すぐに上達なんかしません


でも、1か月、2か月、3か月・・・と経つうちに少しずつ蹴れるようになり、シュートを止められるようになってきたんです。


で、だんだん量をこなしていくと、そこで初めて「質の重要性」に気がつくんです。でも、その「質」を、ボール蹴りはじめの人に求めても絶対できません。なぜなら、その人の中に「必要な情報がないから」です。


これはなんでも同じだと思います。


・整体やりはじめてすぐにお客さんの身体を改善することなどできない


・車の免許を取り立てで、山道をスムーズに走る事ができない


・英語の勉強をちょっとしただけで、英語が話せるようにはならない


などなど、、


最初は質より量が必要なのだと思います。マルコム・グラッドウェルの「天才を作る法則」という本の中にも「その分野で一流になりたければ、『1万時間以上やれ』。プロとして活躍している人はみんな、この『1万時間』以上それぞれの分野に時間をかけている」と書いてあります。


量をやっていくと、自然と質にたどり着くのです。自然に質に気がついていくんですね。


だから、僕は最近取り組み始めた事などは、「できるだけ質は低くていいから、量をやる」ようにしています。すると、だんだん質が上がってくるんです。上手い人のすごさに気がつくようになるんですね。


うまくいかないのは、質ばかり気にして量をこなしていないからかもしれませんよ(^^)

◆営業時間:AM9:00~PM9:00
 (時間外の施術もお気軽にご相談して下さいね)
◆定休日:水曜日と第2・第4木曜日(日曜・祝日も営業します)

ご予約はこちらから

   054−260−5858
営業時間:AM9:00~PM9:00

タップすると電話に繋ります。

定休日:水曜日と第2・第4木曜日
(日曜・祝日も営業します)

フェイスブック

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

ツイッター

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。