静岡市駿河区の整体院・骨盤矯正・スポーツ整体 天翔整体

ご予約はお電話で

054-260-5858

AM9:00~PM9:00 土日祝日も営業

静岡市駿河区敷地1-1-36

骨折後、肩と肘の可動域が減って3年経つけどなんとかしたい

test

先日来て頂いたIさんは、肩と腕の骨折で可動域が減っていました。バイクで車に追突してしまい、腕、肩、肋骨を骨折してしまいました。その後病院に通い、リハビリをしたものの可動域は狭くなったまま。


そしてそれから3年の時が経ち、病院のリハビリも終了。自分で動かそうとするものの改善の兆しは無し。「一生このままなのかな」と思いながらも、生活に影響があるので「できる事ならなんとかしたい」という状況。


この気持ち、すっごくよくわかります。僕も左肘を粉砕骨折して、リハビリをするものの可動制限が残ってしまいました。


6年が経ちますが、未だに諦めきれません。


幸いにして、いろいろな研修に参加する事で、こういった可動域制限が残っている方でも改善できるケースが多くなってます。


今回のIさんにもそれを伝え、施術に入っていきました。


Iさんの場合、肩関節と、肘関節両方に可動域制限がありました。肩は真横までしか上がりません。肘は外に回す事が出来ない状況で、お釣りをもらう動作などで手の平を上に向ける事が出来ません。僕もお釣りをもらいにくいのですごく気持ちが良くわかります。


手術痕も痛々しいものでした。実際に施術に入り、固くなっているところを確認していきます。・・・が、ほとんどのところがガチガチ。


事故などで骨が折れた場合、折れた部分だけに意識がいってしまいます。ですが、骨が折れるという事は、折れた部分以外にもかなりの衝撃を受けているケースが多いです。


すると、折れた部分の筋肉だけではなく、それ以外の部分の筋肉や靭帯を損傷しているケースが多いです。


もっと言うと、事故した時の衝撃が強ければ強いほど固くなりやすいです。


今回のIさんの場合、ブレーキをかけれたかもわからない状況で車に追突しているので、かなりの衝撃を受けています。なので、固くなりやすいんですね。


しかも、関節部分を骨折してしまいました。関節部分を骨折するとリハビリが長期化する&後遺障害が残る可能性が高いです。


さて、一回目の施術が終わり、動かしてもらいます。すると、先程よりも可動域が20度くらいずつ増えている。


右手を頭の後ろに持って行く事が出来なかったのが、なんとかギリギリですが、後ろにもっていけるようになりました。


これにはIさんも大喜び。「明らかに今までと動く範囲が違う!」と明るい表情。「一回でこれだけ変化がわかれば、通うのが楽しみです!」とウキウキしながら帰って行かれました。


骨折後の可動域制限の辛さは、同じ状況になった人しかわからないと思います。本当に辛い。


僕も左肘を骨折した後、自分の手で顔をさわれませんでした。丼を顔に持って来れない。食べるのに本当に一苦労しました。


この辛さはできれば解消してあげたいと、心底思います。


もし、骨折した後の可動域の減少で悩んでいたら、お気軽にお電話やメール、ラインでご相談くださいね。

◆営業時間:AM9:00~PM9:00
 (時間外の施術もお気軽にご相談して下さいね)
◆定休日:水曜日と第2・第4木曜日(日曜・祝日も営業します)

ご予約はこちらから

   054−260−5858
営業時間:AM9:00~PM9:00

タップすると電話に繋ります。

定休日:水曜日と第2・第4木曜日
(日曜・祝日も営業します)

フェイスブック

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

ツイッター

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。