仰向けで寝ると、朝、腰が痛いのをなんとかしたい

test

僕の弟の紹介で来てくれたS君は、20代後半の男性です。Sさんは以前から悩みがありました。それは、「仰向けで寝ると、朝になると腰が痛くて起きるのが大変」という悩みでした。


「いろいろな整体や接骨院に行ったのですが、施術を受けた時は良いんですけど、すぐに痛くなってしまうんです」と悩んでいる表情。


どれどれ・・・と姿勢を見ると、脊椎(背骨)の曲がり方がとても強かったのです。通常、背骨は多少湾曲しています。体重がかかったり、走る、歩くなどの動作の時にうまく力を逃がすために最初から曲がっているのです。ただ、Sさんの場合はその湾曲(曲がり)が必要以上に曲がっていました。


それが、仰向けに寝た時に腰が浮いてしまう状態になっていたんですね。腰は浮いているのですが、寝ていても腰に体重がかかります。


すると、反っている腰に体重がかかり、腰の筋肉が寝ている間、緊張し続けてしまいます。そうなると「朝起きた時に腰が痛い」という事が起こりやすくなります。


それを解消するには、腰の湾曲を適正な状態に戻してあげる必要があります。そのためには、腰そのものだけではなく、足首や、股関節なども総合的に見ていかないといけません。


その事を説明し、何度か施術していくと・・・「数年ぶりに仰向けで寝ても痛くなかったです!\(^^)/」と喜んでくれました(喜)


「仰向けで寝ると朝、腰が痛い」というお客様は、たくさんいらっしゃいます。そのほとんどが、腰の湾曲が強くなっています。そして、それを改善する施術はすごく得意なんです(・∀・)


そういった悩みを持っている方は早くその痛みから解放されちゃいましょう\(^^)/

◆営業時間:AM9:00~PM9:00
 (時間外の施術もお気軽にご相談して下さいね)
◆定休日:水曜日と第2・第4木曜日(日曜・祝日も営業します)

ご予約はこちらから

   054−260−5858
営業時間:AM9:00~PM9:00

タップすると電話に繋ります。

定休日:水曜日と第2・第4木曜日
(日曜・祝日も営業します)

フェイスブック

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

ツイッター

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。