足の裏が痛い!揉んでも良くならない、その原因は?

2週間前から足の裏が痛い

「2週間ほど前から足の裏が痛いんです」とお客様から相談のお電話がありました。


「ほっとけば治るかな」と思ったものの痛みが引かない。足の裏を揉んだりしても全然良くならない。


さらには空手の型の全国大会が4日後に迫り、「さすがにまずいと思った」と友達のM君の紹介で来てくれました。


捻挫を3日でなんとかしたいけど、なんとかなる?(←M君の息子さんが捻挫した話)


足の裏が痛む原因とは

実は電話をもらった段階で、おおよその理由は想像がついていました。


その理由とは、「足の軸の角度」です。


こちらのお客様のケースだと、足の軸がかなり前に倒れていました。


そうなる事で、常に体重が前にかかってしまいます。その前にかかった体重を最終的に受け止めるのが、足の裏になってしまいます。


 施術して、足の軸の傾きを垂直に近い状態にもっていきます。



一回の施術ではここまでしかまっすぐにできませんでしたが、これだけでも足の裏の痛みはかなりなくなりました。

4日後の全国大会では、足の裏の痛みもなく、無事に出場できたそうです。


こちらのSさんは全国大会の後も何度か来て頂きました。2回の施術で足の裏の痛みは完全に無くなりました。そしてその後は空手の技のキレを増すためにさらに2回いらっしゃってくれました。


足の軸に影響がある事

・足首を怪我したことがある(ひどくなくてもひねった事が何度もあるなども影響します)


・足首が固い


・足のサイズに合わない靴を履く


・内股になっている


・かかとの高い靴(ヒールなど)を履くことが多い


などの事があると、足の軸が前に倒れてしまいやすいです。


足の裏が痛い、特に疲れてきたり、かかとの高い靴を履いた時に足の裏が痛むようなら、それは足の軸の傾きが強いからかもしれません。


 


 


チェック方法は簡単で、


・鏡の前で横向きになって足の軸の角度を見る


・家族や友人に携帯やデジカメで横からの写真を撮ってもらう


などがあります。


地面に対して脚の軸が垂直になっているのが理想です。


足の軸を垂直に近い状態を維持するためには、足首が柔らかい事が重要です。普段から足首を大きく回す習慣をつけると、足首が固くなりにくいですよ。




あんまり傾きがきつくて、痛みが頻繁に出るようなら、電話であれば無料でご相談をお受けできます。お気軽にご連絡くださいね。

◆営業時間:AM9:00~PM9:00
 (時間外の施術もお気軽にご相談して下さいね)
◆定休日:水曜日と第2・第4木曜日(日曜・祝日も営業します)

ご予約はこちらから

   054−260−5858
営業時間:AM9:00~PM9:00

タップすると電話に繋ります。

定休日:水曜日と第2・第4木曜日
(日曜・祝日も営業します)

フェイスブック

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

ツイッター

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。