捻挫を一日でも早く痛みがない状態にするために

捻挫をすると「一日でも早く復帰したい」という気持ちになりませんか。

僕も捻挫を経験したことがあります。やはり焦る気持ちばかりが募ってしまいました。

 

中学生の時、陸上部に所属していました。大会まで2週間を切ったところで捻挫をしました。

病院にいくと「捻挫で全治3週間ですね」「安静にしててください」と言われました。

「え、大会は・・・?」と聞くと「当然、出ちゃダメです」とあっさりとした返答。

その時は本当にショックでした。

その大会に本当に出たかったんです。

その日の夜は大会に出れないショックで泣きました。

 

捻挫になって動けなくなると、気ばかり焦ってしまいますよね。

ですが、中途半端な状態で無理をすると何度も捻挫を繰り返し、クセになってしまいます。

ひどい場合だと、数か月、数年、痛みつづけることもあり、病院では手術が必要といわれることもあります。

 

そうならないためにも捻挫は焦らず、しっかり治した方がいいです。

天翔整体には捻挫をした方が多く訪れます。

 

「捻挫をしたけど一週間後に大きな大会があって、復帰したい」

「捻挫を過去にして、その後遺症で悩んでいる」

など、捻挫のトラブルでいらっしゃる方も多いです。

安心してください。捻挫はしっかり施術すれば早期に復帰できます。

後遺症にも悩まされる事も減ります。

ここでの対処が大げさでなく今後の人生に影響する可能性があるので、不安になる時だからこそ、慌てずにしっかり対処しましょう。

 

まず捻挫になったらすること

 

捻挫の処置にはRICE処置と呼ばれる方法が一般的です。

RICE処置とは、

Rest(安静)

Ice(アイシング)

Compression(圧迫)

Elevation(拳上)

の頭文字から由来しています。

一つづつ解説しますね。

 

・Rest(安静)・・・傷めた筋肉や靭帯などをこれ以上負担がかからないようにする事が大事です。まずは安静にしてください。

 

・Ice(アイシング)・・・痛みがある場所を冷やします。冷やすことで痛みを減少させ、腫れや炎症を少なくします。

 

・Compression(圧迫)・・・適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症を少しでも抑えます。

 

・Elevation(挙上)・・・心臓より高い位置に患部を上げることで痛みが起きている部分への血流をコントロールして、腫れや炎症を抑えます。

 

早めに整形外科へ

捻挫は、関節が動く範囲(可動域)を超えて動いてしまった事で、

・関節を包む関節包

・靭帯

・筋肉

などを傷めてしまった状態です。

(↑足首には筋肉や靭帯がたくさんある)

ひどい場合には靭帯の断裂が起こっている場合もあります。

また、「捻挫だと思っていたら実は骨折だった」というケースもあります。

その判別をするために、まずは整形外科に行ってレントゲンなどの検査してもらう事が大事です。

 

そこで、靭帯断裂や骨折であれば、ギブスや手術などの手段をとる必要があります。ですが、筋肉を傷めた、靭帯をちょっと傷めた、という状況であれば、早期の復帰は可能です。

捻挫はクセになる?

「捻挫はクセになる」とよく言われます。一度捻挫をすると、また捻挫をしてしまう・・・と言いますよね。

実は捻挫をしやすい体の使い方をしているから何度も捻挫してしまうのです。

捻挫を起こす人は足の軸がずれていたりして、足の一部に負担がかかりやすくなっています。

それが、ふとしたきっかけで大きな力がかかって捻挫になります。

 

そして、捻挫をしたあと、その筋肉や靭帯は固くなってしまいます。

そうすると、さらにその部分の動きが悪くなってしまう・・という悪循環になってしまいます。

それを止めるためには、初期の対応が大事なんですね。

捻挫は早期に回復できる

意外に思うかもしれませんが、捻挫はしっかりとした施術をすれば早い回復が可能です。クセにもなりにくいですよ。

↓こちらのブログに過去に施術した捻挫のお客様の事が書いてあります。ご興味があればどうぞお読みください。

捻挫を3日でなんとかしたいけど、なんとかなる?

全治3週間と言われた捻挫が3日で治った

100mハードルで約1秒タイムが縮まった(←こちらのお客様は捻挫をしてから絶不調になり、捻挫の調整をしてから絶好調になりました)

など、皆さん「え?こんなに良くなっちゃうもんなの?」と驚かれる方が多いです。

天翔整体での捻挫の施術

捻挫をした場所は筋肉や靭帯がダメージを受けています。

無理に大きな力がかかった事による筋肉や靭帯の緊張や、炎症などが痛みの原因となっています。

 

その筋肉や靭帯の緊張を緩めてあげれば、痛みはひいていきますよ。

そのためには傷めている部分をピンポイントでほぐす事が大事です。

「痛いんじゃないの?」と心配される方もいるかもしれませんが、ほとんど痛くありません

中には捻挫の施術中に寝てしまう人もいるくらいです。

松葉杖をつかないと怖くて歩けないくらいの方でも、だいたい2〜4回ほどでスタスタ歩いたり、全力で走ったりできるようになります。

早く捻挫を回復させて、快適な生活に戻りましょう!!

「捻挫をしてしまったけど、どうしたらいいかわからない」という方は電話だけなら無料でご相談に乗りますので、お気軽に連絡ください。

 

 

 

◆営業時間:AM9:00~PM9:00
 (時間外の施術もお気軽にご相談して下さいね)
◆定休日:水曜日と第2・第4木曜日(日曜・祝日も営業します)

ご予約はこちらから

   054−260−5858
営業時間:AM9:00~PM9:00

タップすると電話が繋がります。

定休日:水曜日と第2・第4木曜日
(日曜・祝日も営業します)